子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!

著書多数の著者が「子どもに算数を教える方法」を「親」に向けて解説しているサイトです。
具体的には、小学校一年生に向けて、「たし算」「ひき算」「そろばん(足し引きのみ)」などを教える方法を紹介しています。

<目標>
・子どもは「楽しんで」「自ら」算数を勉強するようになる!
・そのうち子どもが自ら進んで勉強するようになるので、親は「楽」! 家事ができる!
・習い事にいかなくてもよくなる! 教育にかかるお金は安上り!
当サイトにある方法で教えると、算数を「理解」できるので、将来、算数や数学でつまづく可能性は低くなる!

「中学受験は考えていないけど、子どもに何か勉強させたい」と考えている親に向けたサイトですが、中学受験を考えているひとにも役立ちます。また、小学校受験では、たし算やひき算が出題されることがあるので、小学校受験を考えているひとにも役立ちます。

スポンサード リンク


たし算、ひき算

「たし算やひき算くらい教えられる」と思ってしまいますよね。しかし、子どもにとっては、たし算、ひき算も難しく感じるので、つぎのように段階をふんで教える必要があります。
ここでは、子どもに、たし算とひき算を教える方法を紹介します。

・繰り上がりがない足し算
・繰り下がりがない引き算
・繰り上がりがある足し算
・繰り下がりがある引き算
・2桁のかんたんな足し算(繰り上がりなし)
・2桁のかんたんな引き算(繰り下がりなし)

これらができるようになれば、応用問題を解かせましょう。
当サイトには、応用問題もあります。

繰り上がりがない足し算、繰り下がりがない引き算

子どもに、繰り上がり、繰り下がりがない「たし算」と「ひき算」を教えましょう。
この際、「数字カード」を自作して教えることをおススメしています。数字カードだと手で遊んで学べるので、習得がはやいですし、忘れにくくなるためです。

<注意点>
・数字カードはあくまで理解させるために使うものです。計算ドリルをしているうちに、数字カードを使わなくてもできるようになる子どももいます。そのような場合は、数字カードを使う必要はありません。

まずは、数字カードをつくろう!
まずは数字カードをつくりましょう。制作費はほぼかかりません。5分もあればできます。
まずは、数字カードをつくろう!
【STEP1】数字カードで遊べば、簡単な足し算が、みるみるできるようになる!(繰り上がりなし)
【目標】「3+2」のような、繰り上がりがない、たし算ができる
【内容】数字カードで「交換」する遊びをしましょう。かんたんに交換できるようになります。交換ができれば、繰り上がりがない、簡単なたし算もすぐにできるようになります。
【STEP1】数字カードで遊べば、簡単な足し算が、みるみるできるようになる!(繰り上がりなし)
【STEP2】数字カードで、一歩進んだ足し算もできるようにしよう!
【目標】「●番目」の意味をなんとなく理解。「9+3」のような、たし算ができる。
【内容】簡単な足し算ができるようになれば、すこし難しい足し算も教えましょう。なお、ここで扱う足し算は繰り上がりがありますが、ここでの繰り上がりは数をかぞえていくだけのものです。繰り上がりのあるたし算は、別に学習します。
【STEP2】数字カードで、一歩進んだ足し算もできるようにしよう!
【STEP3】簡単な、たし算ができるようになれば、頭を柔らかくする訓練をしよう!
【目標】「6=●+▲」の●と▲の組み合わせをすべて言える。
【内容】数字カードを使って教えると「5=●+▲の●と▲」もわかるようになります。
【STEP3】簡単な、たし算ができるようになれば、頭を柔らかくする訓練をしよう!
【STEP4】ひき算も、数字カードで教えると簡単!(繰り下がりなし)
【目標】「4−2」のような、繰り下がりのない、簡単な引き算ができる
【内容】今度は、数字カードで、繰り下がりのない、引き算を教えましょう。ここまでしっかり教えていれていれば楽勝です。
【STEP4】ひき算も、数字カードで教えると簡単!(繰り下がりなし)
数字カードを使えば、すこし難しい「足し合わせて●になる数の組み合わせ」もできるようになる!
【目標】前に学習した「足して●になる数の組み合わせ」の問題のうち、「12=●+▲」のような、すこし難しい問題も解けるようになる。
【内容】一例をあげると「12=●+▲」の●と▲の組み合わせがわかるようにします。ちなみに、今後の繰り上がりがある、たし算のため、あわせて10になる数の組み合わせは何度も繰り返して練習させましょう。
数字カードを使えば、すこし難しい「足し合わせて●になる数の組み合わせ」もできるようになる!

繰り上がりがある足し算、繰り下がりがある引き算

繰り上がりのあるたし算、繰り下がりがあるひき算は、今までのことがしっかりできていれば苦労することはありません。「なかなかできない」のならば、復習が足りない証拠なので、前に戻りましょう。

繰り上がりのある足し算を教えよう!
【目標】「7+9」のような繰り上がりがある足し算ができるようになる。
【内容】「7+9」を「6+10」と形を変えて、足し算をします。その前段階として「●+10」「10+●」の計算もできるようにします。
繰り上がりのある足し算を教えよう!
繰り下がりのある引き算を教えよう!
【目標】「12−4」のような繰り下がりがある引き算ができるようになる。
【内容】「12−4」を「(10−4)+2」のように形を変えて、引き算をします。その前段階として「10−●」の計算もできるようにします。
繰り下がりのある引き算を教えよう!

かんたんな2桁のたし算とひき算

一年生のカリキュラムでは、かんたんな2桁の足し引きも勉強します。今までのことがわかっていれば、それほど難しくないので、あわせて学習させましょう。

「10のカタマリ」がわかれば、かんたんな2桁のたし算ができる!
【目標】「12+24」のような、繰り上がりのない2桁のたし算ができるようになる。
【内容】「10のカタマリ」をつくって、2桁のたし算をする方法を習得させます。
「10のカタマリ」がわかれば、かんたんな2桁のたし算ができる!
「10のカタマリ」がわかれば、かんたんな2桁の引き算もできる!
【目標】「36−15」のような、繰り下がりのない2桁の引き算ができるようになる。
【内容】「10のカタマリ」をつくって、2桁の引き算をする方法を習得させます。
「10のカタマリ」がわかれば、かんたんな2桁の引き算もできる!

計算問題をたくさん解かせよう!

たし算、ひき算の方法を教えたあとは、毎日コツコツと計算問題を解かせましょう。その際に、市販のドリルを使うと便利です。というわけで、ここでは計算ドリルの選びかたを紹介しています。

計算ドリルの選びかた
一通り、たし算とひき算ができるようになれば、あとは計算ドリルで演習しましょう。たし算とひき算は土台なので、繰り返しドリルを解かせましょう。
計算ドリルの選びかた

応用問題を解かせよう!

市販のドリルで繰り返し計算させたあとは、応用問題にチャレンジさせましょう!

たし算、ひき算の応用問題
計算ドリルで繰り返し計算問題を解かせたあとは、応用問題にチャレンジしましょう。ちなみに、ここにある問題は、中学受験では線分図を使って解きますが、最初は線分図を使わずに解かせるといいでしょう。
たし算、ひき算の応用問題を解かせよう!

数直線と線分図

小学校一年生では数直線は勉強しません。しかし、当サイトの教えかただと理解できると思いますし、数直線を描くと数の感覚も身につくので、子どもに教えるといいでしょう。
線分図は「中学受験をさせないと一生お目にかからないかもしれない」ようなものですが、数直線とほぼ同じなので、ついでに基本だけ教えるといいでしょう(中学受験では必須です)。

はじめての線分図!(一年生)
【目標】かんたんな足し算と引き算を線分図であらわせるようにします。
【内容】「2+3=5」「7−2=5」のような、かんたんな足し算、引き算を線分図であらわす方法を解説しています。
はじめての線分図!(一年生)
□がある式を線分図で描かせよう!(中学受験のみ)
【目標】□がある式を線分図であらわせるようにします。
【内容】「2+□=5」「7−□=5」のような、□がある式を線分図であらわす方法を解説しています。中学受験を考えているひと限定の記事です。
□がある式を線分図を描かせよう!(中学受験のみ)
線分図で、足し算と引き算の応用問題を解かせよう!(中学受験のみ)
【目標】足し算と引き算の応用問題を線分図で解けるようにします。
【内容】「2+□=5」「7−□=5」のような方程式を、線分図で解く方法を解説しています。中学受験を考えているひと限定の記事です。
線分図で、足し算と引き算の応用問題を解かせよう!(中学受験のみ)
たし算、ひき算ができるようになれば「数直線」を教えよう!(一年生)
【目標】数直線を理解して描けるようにします。
【内容】数直線を描けるようにします。数直線を描けると「数」に対する理解が深まります。
たし算、ひき算ができるようになれば「数直線」を教えよう!(一年生)
数直線で遊んで、数の感覚を身につけさせよう!(一年生)
【目標】数直線を、より理解させます。
【内容】数直線で遊んで、数の感覚を身につけさせます。
数直線で遊んで、数の感覚を身につけさせよう!(一年生)

位の数と桁数

一年生には、数の感覚がまだありません。いきなり位の数と桁数を教えてもよくわからないと思うので、たし算とひき算ができるようになってから教えるといいでしょう。
ちなみに、一年生では百の位まで学習します。

<進度の参考>
【一年生】百の位まで(3桁)
【二年生】万の位まで(5桁)
【三年生】億の位まで(9桁)

「位の数」はイメージが大切!
位の数は、おはじきでイメージさせましょう。
位の数はイメージが大切!
「位の数」を理解させよう!
おはじきで位の数をイメージさせることができれば、位の数を教えましょう。
位の数を理解させよう!
「桁数」を理解させよう!
位の数を教えたあとは、桁数を教えましょう。
桁数を理解させよう!

100などの大きい数

一年生の後半で100などの大きな数を扱います。大人は「このくらいわかるよね」と思ってしまいがちですが、案外、子どもにとっては難しいようです。ここがわからないと先の学年で苦労するので、しっかり教えるようにしましょう。
ちなみに、一年生では100などの大きな数を扱います。

<進度の参考>
【一年生】100など
【二年生】10000など
【三年生】1億など

100などの大きな数を数えられるようにしよう!(一年生)
まずは、100などの大きな数の数えかたを教えます。
100などの大きな数を数えられるようにしよう!(一年生)

時刻と時間

時刻と時間は、一年生の後半で学習します。大人にとってはかんたんですが、子どもにとっては難しいので、軽く見ないようにしましょう。
なお、時刻と時計は小1から小3まで小分けで学びます。小1では「導入」のみ学習します。

※小2ではSTEP1、小3ではSTEP2とSTEP3を学習します。

【導入】午前と午後、アナログ時計など。
【STEP1】午前と午後なし。7時10分から20分後のように、分を時間に換算することはない
【STEP2】午前と午後なし。7時50分から20分後のように、分を時間に換算する必要がある
【STEP3】午前と午後あり。午前11時50分から1時間20分後のように、分を時間に換算する必要がある

【導入】ふだんから時刻を意識させておこう!(一年生)
日々の生活で、ゆっくり時刻を意識させていきましょう。どのようにすればいいのかを説明しています。
【導入】ふだんから時刻を意識させておこう!(一年生)
【導入】太陽の動き、日常生活、デジタル時計を紐づけよう!(一年生)
時刻と時間を教える前に、まずは「時間とは何か?」を日常生活と紐づけて説明するといいでしょう。詳しい教えかたをていねいに解説しています。
【導入】太陽の動き、日常生活、デジタル時計を紐づけよう!(一年生)
【導入】午前と午後、12時制と24時制を、なんとなく教えよう!(一年生)
午前と午後、12時制と24時制を、なんとなく教える方法を説明しています。
【導入】午前と午後、12時制と24時制を、なんとなく教えよう!(一年生)
【導入】アナログ時計の基本を教えよう!(一年生)
アナログ時計の基本を教える方法を説明しています。
【導入】アナログ時計の基本を教えよう!(一年生)
【導入】アナログ時計の短針と長針の動きかたを教えよう(一年生)
一年生に、アナログ時計の短針と長針の動きかたを教える方法を説明しています。
【導入】アナログ時計の短針と長針の動きかたを教えよう(一年生)

図形

一年生では、図形の問題を解くための準備をします。正直、解かなくても問題がないような気もしますが、学校の指導要綱に入っているので一応解説しています。

色板は何枚?(一年生)
色板が何枚あるかの問題です。
色板は何枚?(一年生)

そろばんの勉強

「そろばんでは、たし算、ひき算、暗算のみ」をお勧めしています。そうであれば、繰り上がりがある足し算、繰り下がりがある引き算が「完全に」できるようになれば、短期間で習得させることができます。
ここでは、よりかんたんに、より短い時間で、そろばんを習得できるように、数字カードを使った教えかたを紹介しています。

そろばんを習わせたほうがいい?

「そろばんか公文式か」の議論があるようです。
それぞれの長所・短所を把握したうえで、そろばんにするか公文式にするか選ぶといいでしょう。
個人的には、1.勉強をはじめる時期、2.「数字カード」を使う、3.親が教える、4.たし算、引き算、暗算のみに絞るの4つの条件がそろえば、1か月もあれば、そろばんを習得させることができるので、公文式とそろばんの組み合わせもいいと思っています。

そろばんか公文式か、そろそろ不毛な議論はやめませんか?
そろばんか公文式かどちらがいいのか、と悩んでいるのならば、このページをご覧になってください。そろばんや公文式のメリット、デメリットがわかります。
そろばんか公文式か、そろそろ不毛な議論はやめませんか?
そろばんを習わせる時期と習得にかかる時間
そろばんをいつ習わせればいいのでしょうか。またどのくらい習得に時間がかかるのでしょうか。
そろばんを習わせる時期と習得にかかる時間

まずは数字カードでそろばんのやりかたを教えよう!

いきなり、そろばんから教えると習得に時間がかかるため、まずは、数字カードを使って、そろばんのルールを教えましょう。そうすることで、そろばんの習得にかかる時間をグッと短縮できます。ここには、その具体的な方法をじっくり丁寧に解説しています。

「そろばん」は、数字カードを使えばかんたんに教えられる!(答えが1桁のたし算編)
答えが1桁の数字になる、たし算を、そろばんで計算する方法を説明しています。そろばんがなくても今のところ大丈夫です。
「そろばん」は、数字カードを使えばかんたんに教えられる!(答えが1桁のたし算編)
数字カードでそろばんを教えよう!(繰り上がりがある、たし算)
繰り上がりがある、たし算を、そろばんで計算する方法を説明しています。こちらも、そろばんがなくても大丈夫です。
数字カードでそろばんを教えよう!(繰り上がりがある、たし算)

「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ