まずは、時刻には2種類あることを気づかせよう!

(問)11時です。3時間後は何時ですか。

子どもに何も教えず、いきなり計算させてみてください。
「11+3=14」と答えると思います。
24時制ですね。
「正解。念のために図にしてみるね」と言いつつ、つぎの図を描いてあげてください。
※学校ではアナログ時計を中心に教えるので、「2時」と答えるかもしれません。その場合は不正解といって、つぎの図を描いてあげてください。



(問)午前11時です。3時間後は何時ですか。

子どもに何も教えず、いきなり解かせてください。
先ほどと同じようにして「11+3=14」と答えると思います。
「不正解。なぜだと思う? さっきは『午前』とはついていなかったよね。だから、午後2時になるんだ」と言いつつ、つぎの図を描いてください。



「同じ11時の3時間後なのに、さっきは14時。いまは午後2時。なぜちがと思う?」と聞いて、先ほどの図2つを並べてください。



「実は時刻には2つの種類があるんだ。午前と午後を使う場合と使わない場合。いまはこの2種類あるということだけ覚えておいて」と言ってください。
ついでに、午前と午後を使わない場合は24時制、使う場合は12時制とも教えてください。

【目標】
・時刻には2種類あると気がつく(午前と午後を使わない場合、使う場合の2種類)
・午前と午後を使わない場合は24時制、使う場合は12時制と覚えさせる

スポンサード リンク


12時制と24時制の時間の流れを教えよう!

「さっきは、時刻が2種類あるっていう話をしたよね。今度は、それらの2種類の時刻どのようにちがうのかを見ていこう」と言って、つぎの図を描いてください。



「時刻は0時からはじまるんだ。この時間、寝ているよね。で、1時、2時、3時…と時間が過ぎていくんだ。で、7時になったら起きるよね。ほら見て。午前と午後を使う場合と使わない場合も同じ時刻だよね」と言ってください。

先ほどの図を出してください。
※下図です。



「10時、11時と時間が過ぎていくけど、ほら見て。1時から時刻がちがうよね。24時制は13時、14時だけど、12時制は午後1時、午後2時だよね」と言ってください。

つぎの図を描いてください。



「その後は、24時制は22時、23時と時間が過ぎていって24時で0時に戻るんだ。12時制は午後10時、午後11時と時間が過ぎていって12時でまた0時に戻るんだ」と言ってください。

最後に、子どもに「では、聞くね。はじめ、時刻は同じだったんだけど、途中でズレていったよね。いつから時間がズレた?」と聞いてください。

「午後1時(もしくは13時)」と答えると思います。
つぎの図を描いて「図にすると、こうだよね。これを覚えておいてね」と言ってください。



【目標】
・12時制と24時制の時間の流れがだいたいわかる
・13時(午後1時)から時間がズレるとわかる

12時間制と24時間制のイメージを固めよう!

つぎの図を描いて、子どもに「24時制は、0時からはじまって24時までだったよね。たとえるなら、目盛りが24まである定規みたいなもの」と言ってください。
※定規を自作してあげてください。



つぎの図を描いて、子どもに「12時制は、0時からはじまって12時までだったよね。これが午前。それでまた0時からはじまって12時までだったよね。ごれが午後。つまり、12時制は、目盛りが12まである、午前と午後の定規2本あるようなものだよね」と言ってください。
※定規を自作してあげてください。



つぎの図を描いて、子どもに「12時制と24時制の定規をあわせると、こうなるよね」と言ってください。



では、定規を読んでいきましょう。
自作した定規を並べて、つぎのように印をつけて確かめてください。



<確かめること>
・24時制で5時のところは、12時制でも5時。ただ12時制では午前5時とする
・24時制で17時のところは、12時制だと午後5時。数字がちがう。
→24時制の12時より先は、12時制と数字がちがう

子どもと一緒に、定規を使って、24時制と12時制のちがいを確かめましょう!

【目標】12時制と24時制の時間の流れが、より具体的にイメージできる

12時間制と24時間制の変換ができるようになろう!

「15時は24時制だよね。12時制だと何時だと思う?」と聞いてください。

算数が得意な子どもはすぐに答えますが、なかなかわからないものです。
そこで、「ヒントね」と言いながら、自作の定規を出してください。



「15時は、12時よりも先だよね。だから『午後』になるのはわかると思うけど…。何時かわかる? 目盛りを読めばわかるけど計算してみて」と言って、子どもに考えさせてください。

すこし時間を置いてから、つぎの図を描いてあげてください。
「定規の数字だけ取り出してみた。これを見ると24時制も12時制も12まで同じだとわかるよね。そこからが数えかたがちがうんだったよね。図を見て。もう何時かわかるんじゃない?」と言ってください。



「15−12=3」と気がつくと思います。
答えは、午後3時ですね。

(問)18時は、午後何時?

子どもにつぎの図を描いてあげて「18−12=6。だから、午後6時」と教えてください。



(問)午後5時は、何時?(24時制)

今度は先ほどとは逆ですね。
まずは定規を出して、子どもにジッと見させてください。



これでわかると思いますが、つぎの図も描いてください。
そして「定規の数字だけ抜き出してみた。図を見て。12時制では12時のときを0にして、午後1時、午後2時…午後5時としたんだよね。5時間経っているということだよね、もう図を見たら答えがわかるよね」と言ってください。



「12+5=17だから答えは17時」と教えてください。

「12」の足し引きで換算!

まとめます。
つぎの図を描いてあげてください。
そして「12時制と24時制があったよね。午後の時間が変わってくるんだけど、よく見て。ぜんぶ『12』だけちがうよね。なぜだと思う?」と聞いてください。



「12時まで同じだからだよね」と確認して、つぎを書いて覚えさせてください。

・午前7時(12時制) → 何もしない → 7時(24時制)
・午後8時(12時制) → 12を足す → 20時(24時制)

・9時(24時制) → 何もしない → 午前9時(12時制)
・22時(24時制) → 12を引く → 午後10時(24時制)

【目標】12時制と24時制の変換ができる

「算数(三年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ