時間の差で学習すること

STEP1では、子どもにつぎの計算を教えました。

<STEP1で学習した内容の例>
(1)8:10から8:20までの時間
(2)8:10から9:10までの時間
(3)8:10から9:25までの時間

STEP2では、「1時間=60分」の変換を知らないと解けない、つぎのような計算を教えます。
STEP1ができないならわからないので、STEP1に自信がないようなら、まずは復習させてください。

(1)7:53から8:21までの時間
(2)8:30から11:25までの時間

準備ができれば、子どもと一緒に勉強しましょう!

スポンサード リンク


(1)7:53から8:21までの時間

子どもに、つぎの問を考えさせてください。

(問)7:53から8:21までの時間は?

おそらく「わからない」と言うのではないでしょうか。
その場合は「時間の差のときは、時間を縦に並べて書けばよかったよね。このときに工夫すればよかったよね。どういう工夫だった?」と聞いてください。
子どもが、前のページで学習した内容を覚えていれば、つぎのように答えると思います。

・7:53と8:21の時間の間に、
・●時0分のピッタリの時間を書く

「こういう風になるよね」と言いつつ、つぎの図を描いてあげてください。




あとは、つぎのように教えてあげてください。

「7:53と8:00は、7分だよね」
「8:00から8:21は、21分だよね」
「だから、7分+21分=28分だよね」

これができれば、つぎの問を考えさせてください。

(問)10:43から:11:28までの時間は?

子どもがわからないようなら、つぎのように話してあげてください。

「時間の差のときは、時間を縦に並べて書く」
「このとき工夫する」
「工夫とは『10:43と11:28の時間の間に、●時0分のピッタリの時間を書く」

そして、つぎの図を描いてあげてください。



あとは、つぎのように教えてあげてください。

「10:43と11:00は、17分だよね」
「11:00から11:28は、28分だよね」
「だから、17分+28分=45分だよね」

スポンサード リンク


(2)8:30から11:25までの時間

子どもに、つぎの問を考えさせてください。

(問)8:30から11:25までの時間は?

今までのことがわかっていれば、正解を答えられるかもしれませんが、一応、解説してあげましょう。
まずは、つぎのように話してください。

・時間の差のときは、時間を縦に並べて書けばいい。
・このときに「8:30と11:25の時間の間に、●時0分のピッタリの時間を書く」工夫をする

ここで、子どもは1つ疑問に思うことでしょう。
それは「●時0分のピッタリの時間がいくつかある。どれを書けばいいの?」という疑問です。

「ぜんぶ書けばいいよ」と答えてあげてください。
慣れるまで、つぎの図のように、ぜんぶ、書かせるといいでしょう。



あとは、つぎのように1つずつ考えさせるといいでしょう。



(1)8:30から8:60までなので、60分−30分=30分
(2)1時間
(3)1時間
(4)25分

よって、2時間55分です。

なお、子どもが大丈夫そうなら、つぎの図でも構いません。



子どもに、つぎの問を考えさせてください。

(問)7:45から10:17までの時間は?

まずは、つぎのように話してください。

・時間の差のときは、時間を縦に並べて書けばいい。
・7:45と10:17の時間の間に、●時0分のピッタリの時間を書く

そして、つぎの図を描きます。



あとは、つぎのように1つずつ考えさせるといいでしょう。



(1)7:45から7:60までなので、60分−45分=15分
(2)1時間
(3)1時間
(4)17分

よって、2時間32分です。

「算数(三年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ