時計やカレンダーの読みかたは案外難しい!

「時計」
「カレンダー」

大人になると当たり前のように、さまざまな「数」を扱います。
計算のたいはんは「足し算」「引き算」なので、子どもでも、かんたんに、できると思ってしまいます。

(例)今、7:20。5分後は7:25。→「20+5」で計算

しかし、実は、かなり難しいものばかりです。
なぜなら、世にあふれている数には、指で数えられる10進法だけではなく、12・24進法、7進法などを使っているものもあるためです。

・りんごの数など → 10進法
(例)1個、2個、3個、4個…9個。つぎに桁があがって10個になる

・時計 → 12・24進法
(例)1分、2分…59分。つぎに桁があがって1時間になる

・カレンダー → 7進法と10進法が混在
(例)月曜日(1日とする)、火曜日(2日)、水曜日…日曜日(7日)のつぎは月曜日(8日)、火曜日(9日)。「曜日」は7で周期がくるのに、「日」は10で周期がくる

これだけではありません。
「5分後」「10分前」「10分間」「×日後」「×日間」など、無意識で、過去・現在・未来の時間軸も使っています。

<時間の概念がわかっていないと、「基準」がわからない!>
・「明日は集合時間の10分前には来ること!」 → 集合時間を基準にして10分前
・「10分前に事件は起きた」 → 今を基準にして10分前

しかし、これらのことは、特段、勉強した記憶はないと思います。
なぜだと思いますか。

小学校で教わりつつ、社会生活のなかで、自然に覚えていくためです。

よって、ふつうは心配する必要はありません。
しかし、問題になるのは先取り学習をしている場合です(その最たる例は小学校受験です)。

小学校低学年くらいまでに、ゆっくりと自然に学習していくことを、低年齢でできるようにしなければなりません。

スポンサード リンク


日頃の会話がキー!

「時間がわからない」
「月日、曜日がわからない」

もしこうならば、社会生活できませんよね。
逆をいえば、わたしたちのまわりには、時間や月日などは、日常生活に当たり前のようにあります。

そこで、時計やカレンダーなどを使う機会があるたびに、子どもに教えるようにしましょう。

ただ、子どもが幼ければ幼いほど、時間という概念がわからないので、教えるのにとても手間暇がかかります。何回も同じことを言ってもできないこともあります。

「なんで、わからないの?」とならないようにしましょう。
また、丸暗記でも仕方がないと感じれば、今は丸暗記でもいいとするようにしましょう。
ちなみに、先どり学習したい場合は、一年生と二年生の「時刻と時計」のコーナーで勉強させるといいでしょう。足し算と引き算ができるようになれば、時刻と時計の計算もできるようになります(もちろん、子どもの成長によります)。

<一言>
「先取り学習したい」「小学校受験がある」というひと以外は、日常会話で、時間を意識させて、細かい計算は時刻と時間を習う二年生まで待つといいでしょう。

「子どもと楽しみながら算数を勉強しよう!(未就学児)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ