一の位

「一の位」という名のカードがあります。
このカードには数字を1から9までしか書くことができません(0も書くことができますが、あとで説明します)。


では、1から9までの数字を、一の位のカードに書きこんでみましょう!
つぎのようになりますね。



何かと似ていますね。
そうです。
前のページで学習した「赤い玉」と同じですね。

スポンサード リンク


十の位

まずは、復習です。
つぎのようにできましたよね。

・赤い玉のカードには9個までしか置けない。赤い玉が10個ある場合は、黄色い玉と交換する。赤い玉10個は、黄色い玉1個と交換できる。



・黄色い玉は、赤い玉のカードとはちがうカードに置く。

これをわかっていれば、かんたんです。
では、一の位のカードに「10」を書きこんでみましょう!

一の位のカードには、1から9までの数字しか書きこむことができないので、10は書きこめません。



そこで、「十の位」という名のカードが登場します。
一の位のカードの左隣に置きます。
十の位のカードも、9までの数字しか書きこむことができません

というわけで、つぎのようになります。
※「赤い玉10個を黄色い玉1個と交換した」と考えるといいでしょう。また一の位には「ない」ということで0を書きこむのでした。



(問)「11」をカードに書きこんでみましょう。

11は「10」と「1」に分けられます。
よって、つぎのようにできます。
※赤い玉11個は、赤い玉10個と赤い玉1個に分けられます。このうち、赤い玉10個は黄色い玉1個と交換できますね。それと同じです。



(問)12から19までの数を十の位と一の位のカードに書きこんでください。

つぎのようにできますよね。

・12は「10+2」
・13は「10+3」
・14は「10+4」
・…
・19は「10+9」

よって、つぎのようになります。



(問)20を十の位と一の位のカードに書きこんでください。

つぎのようになります。
わからなければ、赤い玉と黄色い玉を思い浮かべるといいでしょう。たとえば「20」は「赤い玉20→赤い玉10個と赤い玉10個に分けられる→黄色い玉が2個」と考えます。



(問)22から29までの数を十の位と一の位のカードに書きこんでください。

つぎのようにできますよね。

・22は「20+2」
・23は「20+3」
・24は「20+4」
・…
・29は「20+9」

よって、以下が答えです。



これで十の位のイメージができるようになったのではないでしょうか。

スポンサード リンク


百の位

カードに「100」を書きこんでみましょう。

十の位、一の位のカードには、それぞれ9までの数字しか書きこむことはできません。
そこで、「百の位」という名のカードが登場します。
十の位のカードの左隣に置きます。
※百の位のカードには数字を9までしか書きこむことはできません。
※前のページで学習した「青い玉」と同じですね。

では、百の位、十の位、一の位のカードに「100」を書きこんでみましょう!

今までの話をしっかり勉強していれば、つぎのようにできるるとわかるはずです。



(問)「101」をカードに書きこんでください。

101は「100」と「1」に分けられますね。
よって、つぎのようにできます。



(問)「110」をカードに書きこんでください。

110は「100」と「10」に分けられますね。
よって、つぎのようにできます。


スポンサード リンク


位の数のまとめ

まとめます。
1、2、3…9までは、一の位のカードに書きこみます。



10になると、十の位のカードに書きこみます。



11、12、13、14…とずっと十の位と一の位のカードだけに書きこみますが、「100」になったとき、百の位のカードに書きこみます。



これから、つぎのように数字をカードにあてはめる機会があります。



カードにあてはめるとき、つぎのようにしてはいけませんが、その理由はもうわかりますね。



つぎのように右からつめていくのですね。



ちなみに、数字は、右から一の位、十の位、百の位、千の位という名がついています。



「やりなおし中学数学(算数の復習 編)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ