どの数だと割り切れるのかを判断する方法

約数もそうですが、今後、たとえば、つぎのようなことがすぐにわかるようにならないといけません。

(例1)91はどの数だと割り切れるのか。
(例2)3294は3で割り切れるか。

どうすればわかるようになるのでしょうか。
その方法を紹介します。

スポンサード リンク


最低限、覚えておきたい3つのこと

最低限、つぎの3つを覚えておきましょう。

(1)2で割り切れる数:1の位が偶数
(2)3で割り切れる数:各桁の数を足すと、3で割り切れる
(3)5で割り切れる数:1の位が「0」もしくは「5」
※7で割り切れるかどうかは、実際に割って判断します。/p>

それぞれについて、どういうことなのか、例を通して説明します。

(1)の例
「108」は、1の位が8で偶数です。よって、2で割り切れます。

(2)の例1
「123」は、100の位は「1」、10の位は「2」、1の位は「3」です。
これらの数を足すと「1+2+3=6」になります。
6は3で割り切れるので、123も3で割り切れます。

(2)の例2
「3672」は、1000の位は「3」、100の位は「6」、10の位は「7」です。
これらの数を足すと「3+6+7+2=18」になります。
18は3で割り切れるので、3672も3で割り切れます。

(3)の例1
「50000」は、1の位が「0」なので5で割り切れます。

(3)の例2
「1987305」は、1の位が「5」なので5で割り切れます。

2、3、5以外は覚えなくてもいい?

「4」「6」「8」「9」は上記にはありませんでした。
なぜだと思いますか。
それは、つぎのためです。

・4:4は2で割り切れるので、2で割り切れるかどうかを調べればいい
・6:2もしくは3で割り切れるので、2または3で割り切れるかどうかを調べればいい
・8:2で割り切れるので、2で割り切れるかどうかを調べればいい
・9:3で割り切れるので、3で割り切れるかどうかを調べればいい

「やりなおし中学数学(算数の復習 編)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ