午前と午後をまたぐ時刻と時間の計算

今までの話ができれば、苦労しないと思います。
どんどん問を解かせていきましょう!

(問1)午前10:48の3時間15分後は?
(問2)午後2:05の3時間10分前は?
(問3)午前10:20から午後3時12分までは、何時間何分?

STEP2と似ていますが、1つちがうことがあります。
午前と午後です。
ヒントとして子どもに「12時制のときは、24時制にしたら、かんたんなときが多い」と教えるといいでしょう。

(問1)午前10:48は、24時制にしても10:48ですね。
3時間15分後です。

時間は、10+3=13ですね。
分は、48+15=63ですね。

よって、13:63なので修正して、14:03です。
これは24時制なので、12時制にして、午後2時3分です。

(問2)午後2:05は、24時制だと14:05ですね。
この3時間10分前です。
分がそのままでは引けないので、13:65とします。

時間は、13−3=10ですね。
分は、65−10=55ですね。

よって、10:55です。あとは午前をつけて、午前10時55分です。

(問3)それぞれ24時制にします。

・午前10:20 → 10:20
・午後3時12分 → 15:12

10:20
11:00 ← これを入れる
15:12

10:20から11:00までは、40分
11:00から15:12までは、4時間12分

あわせると、4時間52分ですね。

スポンサード リンク


あとは演習を繰り返そう!

ここまでできれば、日常生活で時刻と時間で困ることはないと思いますし、中学受験の難問の土台もできたと思います。

あとは、忘れないように定期的に演習問題をさせましょう。

「算数(三年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ