かけ算

小学校では、かけ算は二年生で教わります。たし算やひき算を完全にできるようになってから学習させるといいでしょう。

スポンサード リンク


かけ算は「ハンコ」をイメージするとかんたん!
かけ算は「ハンコ」で教えるといいでしょう。そうすることで、かんたんな方程式も解けるようになります。
かけ算は「ハンコ」をイメージするとかんたん!
かけ算を「ハンコ」でイメージすると方程式も解ける!
かけ算を「ハンコ」でイメージさせると、変数を理解させることもできますし、方程式も解けます。その「さわり」の部分を紹介しています。
かけ算を「ハンコ」でイメージすると方程式も解ける!
九九は「完全」に暗記させよう!
かけ算を「ハンコ」でイメージできるようになれば、つぎに九九を暗記させましょう。九九を覚えさせるうえで注意したいことを紹介しています。
九九は「完全」に暗記させよう!
おはじきを使って「かけ算」の理解を深めよう!
おはじきを使って、かけ算の理解を深める方法を説明しています。なお、ここをする前に九九を暗記させてください。
おはじきを使って「かけ算」の理解を深めよう!
「おはじき」と「かけ算」で、子どもの脳をちょっぴり鍛えよう!
おはじきを使って、子どもの脳をほんの少しだけ鍛える方法を説明しています。
「おはじき」と「かけ算」で、子どもの脳をちょっぴり鍛えよう!
2種類の問題で、かけ算を仕上げよう!
九九の暗唱ができるようになった子どもに、つぎにさせることを説明しています。ここで、つぎの割り算ができるかどうかが決まるので、しっかり練習させるようにしましょう。
2種類の問題で、かけ算を仕上げよう!

「算数(二年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ