線分図で、足し算と引き算の応用問題を解かせよう!

つぎのような足し算と引き算の応用問題を、子どもに解かせたと思います。
ここでは、線分図を使って、つぎのような応用問題を解く方法を教えます。

<例>
・□+2=8、4+□=12
・□−8=2、8−□=4

なお、中学受験を考えていなければ、このページを飛ばしてください。中学受験を考えていても、子どもが難しいといえば無理する必要はありません。

スポンサード リンク


「□+2=8」の線分図を描いてみよう!

子どもにつぎの問題を解かせてください。

(問)□+2=8 の□にあてはまる数字は?

前は子どもに計算で解かせましたが、ここでは線分図を描いて解かせてみましょう。
線分図はもう描けると思います。
子どもに描かせてください。
※もし描けないのなら、前のページを復習させましょう。



子どもに「これを糸と思って。もともと8あった。そこから2を切り取ったんだ」と言いながら、2の部分を手で隠してください。



子どもに「□はいくつだと思う?」と聞くと、「□=8−2=6」と答えると思います。

(問)4+□ =12 の□にあてはまる数字は?

子どもに線分図を描かせましょう。
つぎのようになりますね。



「これを糸と思って。もともと12あった。そこから4を切り取ったんだ」と言いながら、4の部分を手で隠してください。



すると「□=12−4=8」だと気がつくと思います。

では、つぎの演習を解かせましょう。

(1)□+3=9
(2)7+□=16
(3)□+8=17
(4)□+4=16
(5)12+□=19

線分図はそれぞれつぎのようになります。

(1)


(2)


(3)


(4)


(5)


答えは、つぎのようになります。

(1)□=6
(2)□=9
(3)□=9
(4)□=12
(5)□=7

【目標】□+2=8、4+□=12 のような方程式を線分図を描いて解ける

スポンサード リンク


「□−8=4」の線分図を描いてみよう!

子どもにつぎの問題を解かせてください。

(問)□−8=4 の□にあてはまる数字は?

ここでは線分図を描いて解かせてみましょう。
線分図はもう描けると思います。
子どもに描かせてください。
※もし描けないのなら、前のページを復習させましょう。



これで□はわかりますね。
「4+8=12」です。

子どもに問を解かせましょう。

(問)8−□ =3 の□にあてはまる数字は?

子どもに線分図を描かせましょう。
つぎのようになりますね。
※この線分図の描きかたもすでに学習しています。



子どもに「8から3とったのが□だよね。だから□=8−3=5になる」と教えるといいでしょう。

では、つぎの演習を解かせましょう。

(1)□−3=9
(2)7−□=3
(3)□−8=7
(4)□−4=8
(5)12−□=1

線分図はそれぞれつぎのようになります。

(1)


(2)


(3)


(4)


(5)


答えは、つぎのようになります。

(1)□=12
(2)□=4
(3)□=15
(4)□=12
(5)□=11

【目標】□−8=2、8−□=4 のような方程式を線分図を描いて解ける

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ