ふだんから時刻を意識させておこう!(一年生)

まずは、デジタル時計が「時間:分 秒」であることを教えてください。



そして、ふだんの生活で時刻を意識させましょう。
具体的には、デジタル時計を目に見えるところに置いておいて、「いま、何時?」「いま、何分?」「いま、何時何分?」とだけ聞くといいでしょう。

この際、アナログ時計を使うのはお勧めしません。
短針と長針があって、ややこしいためです。
デジタル時計で、太陽の動き、日常生活、時間を紐づけたあと、アナログ時計を教えるほうが、子どもにとって、わかりやすいです。

スポンサード リンク


時の流れを教えよう!

デジタル時計を読めるようになれば「時間の流れ」を教えます。
まずは、デジタル時計を子どもの前に置いてください。

つぎに「時間が経つと、ここにある数字はどうなると思う? 時計を見てて」と言って、つぎのことを確認してください。

時間が経つと、数字が増えていくこと
「ほら、1秒、2秒、3秒…と、時間が経てば、数字は増えていっているよね」

60秒にならずに0秒になること
「…58秒、59秒、見て! そのつきは0秒に戻ったよね」

なお、この際、「0秒に戻ること」が納得できない子どももいます。

その場合は、アナログ時計を見せて「この時計(アナログ時計)、デジタル時計と同じなんだよね」と言いつつ、「秒針」を指さしてください。
そして「はじめは0秒。1秒、2秒…59秒のつぎは、元の位置に戻っているよね」「ぐるりとまわって0秒に戻るんだよ」などと教えると、すんなり理解してくれると思います。

これが理解できれば、つぎのことを教えてください。

【覚えさせてほしいこと】60分で0分になること。そして、1時間増えること
【できれば教えてほしいこと】60秒で0秒になること。そして、1分増えること
【できれば教えてほしいこと】12時間で、0に戻ること。
※12時制、24時制、午前と午後の概念などは、あとで教えます。

なお、現時点では、たとえば「1時間15分は何分?」「80分は何時間何分?」のような、本格的な「時間と分を変換する方法」を教える必要はありません。
小2で学習します。

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ