カードで「桁」を教えよう!

コピー用紙などの紙をトランプほどの大きさで切り取っていって白紙のカードをつくってください。
そして、白紙のカード3枚に「百のくらい」「十のくらい」「一のくらい」と書いてください。
※前のページで作ったカードがあれば、それを使っても構いません。

子どもの手元に、(子どもから見て)左から「百のくらい」「十のくらい」「一のくらい」の順にカードを置いて、右から順に「カードを数えて」と言ってください。

「1枚、2枚、3枚」と数えると思います。
すかさず、「1桁、2桁、3桁とも言うんだよね」と教えてください。
具体的には以下です。

一の位のカードを指さして「1桁」と言う
十の位のカードを指さして「2桁」と言う
百の位のカードを指さして「3桁」と言う

白紙のカードでいいので、子どもの手元に1枚カードを加えてください。
置く場所は、(子どもから見て)「百の位」のカードの左です。

「じゃあ、カードを『桁』で数えてみて」と言ってください。

「1桁、2桁、3桁、4桁」と答えると思います。
これがわからないようならば、カードをもう一枚増やして同じことをしてください。
繰り返していくと、カードの枚数と桁数がわかるようになります。

【目標】桁がわかるようになる

スポンサード リンク


「位の数」と「桁」の関係について教えよう!

子どもの手元に、(子どもから見て)左から「百のくらい」「十のくらい」「一のくらい」の順にカードを置いてください。

そして、(子どもから見て)「右から順に桁を言っていって」と言ってください。

「1桁、2桁、3桁」と答えると思います。
そこで、すかさず「じゃあ、カードの名前を言っていって」と言ってください。

「1枚目は一の位、2枚目は十の位。3枚目は百の位」と答えると思います。
カードに書いてありますからね。

(正確ではないですが)「カードを数えるときは『桁』、カードの名前を言うときは『位』だよね」と教えてください。

ここで、子どもと一緒に確認していましょう。
このとき、カードを使って教えてください。

「一の位のカード」「十の位のカード」…と、カードは(子どもから見て)「右」から「左」に向けて増えていく



よって、1桁の数はカードが1枚なので、かならず「一の位のカード」になる



2桁の数はカードが2枚なので、かならず「十の位のカード」と「一の位のカード」になる



3桁の数は、カードが3枚なので、かならず「百の位のカード」と「十の位のカード」と「一の位のカード」になる



<まとめ>
・1桁の数 → 「一の位」のカード
・2桁の数 → 「十の位」「一の位」のカード
・3桁の数 → 「百の位」「十の位」「一の位」のカード

子どもがわかったといえば、練習問題を解いていきましょう。

(問)「8」は、何枚カードを使う? どの位のカードを使う?

8はカード1枚ですね。
よって、1桁の数です。
また、1枚なので、一の位のカードです。



(問)「89」は、何枚カードを使う? どの位のカードを使う?

89はカード2枚使いますね。
だから、2桁の数です。
また、カードは「一の位 → 十の位 → 百の位…」の順で使うので、一の位と十の位のカードです。



(例3)「123」は、何枚カードを使う? どの位のカードを使う?

123はカード3枚使いますね。
だから、3桁の数です。
また、カードは「一の位 → 十の位 → 百の位…」の順で使うので、一の位と十の位と百の位のカードです。



(問)3桁の数字をいくつかあげてください。

「3桁の数字」とは、「カードが3枚の数字」のことです。



これら3枚のカードそれぞれに、9までの数字を好きに書けば、それらがすべて3桁の数になります。
一例をあげると「123」「478」「592」「888」などがあります。
なお、「100」「201」「590」など「0」を書きこんでも構いませんが、「012」のように一番左のカードに0を書いた数字はダメです。

【目標】以下がわかる。
・1〜9:1桁の数。一の位。
・10〜99:2桁の数。一の位、十の位。
・100〜999:3桁の数。一の位、十の位、百の位

「子どもと楽しみながら「算数」を勉強しよう!(一年生)」のトップページ
「楽しみながら、算数・数学を勉強しよう!」のトップページ